NPO光と風とは ~ごあいさつ~

旭市及び隣接地域の復興観光まちづくりの推進へ

旭市は東日本大震災において地震・津波による甚大な被害を受けました。
市民まちづくり活動事業団体「光と風キャンペーン実行委員会」は、旧飯岡町の観光資源の発掘とその情報発信が本来の目的でありましたが、「津波写真展で活動を再開したことは、我々の体験を後世へ語り継げとの天命だ」と感じて、今日まで活動を続けております。
そして、被災者の方の聞き取り調査から「語り継ぐ会」や「復興かわら版」が生まれました。震災の年に始めた防災教室ツアーの参加者は延べ数千人を超えています。
3・11「いいおか津波を語り継ぐ集い」では「忘れじの時計」が自立し、「語り継ぐいいおか津波」は旭市の防災教育の副読本としての採択を受けました。さらに「復興観光まちづくりコンペ」の主催、お土産品の開発など、いずれも多くの善意で支えられてきました。
今後の活動を持続していくために、光と風キャンペーン実行委員会を発展的に解散して、そのすべての財産を継承するものとして「特定非営利活動法人 光と風」を設立させることを決心しました。
その目的は、被災者聞き取り調査記録集「語り継ぐいいおか津波」の考えのもと、旭市及び隣接地域の復興観光まちづくりの推進へ寄与することに置きます。
復興まちづくり並びに観光の復興と振興、地域安全に資する活動を行い、そのために東日本大震災のメモリアルとその教訓を活かした防災教育、旭市地域における円卓会議の運営その他の事業を、誠意を以て実施することをここに誓います。

平成26年7月

理事長 渡邉 義美

ページ先頭に戻る